相手が不倫をした方の離婚相談

1 悩みの種

次のようなことでお悩みではありませんか?

・不倫の証拠が十分かを知りたい。
・すぐに離婚したいが離婚条件は譲れない。
・離婚しないで婚姻費用だけもらい続けたい。
・不倫慰謝料がどのくらいになるか知りたい。
・不倫相手の責任もしっかり追及したい。
・不倫行為が離婚条件にどのように影響するか知りたい。

 

夫婦の一方が不倫をした場合,不倫は法律上の離婚原因にあたるため,夫婦間の離婚の合意が成立しない場合であっても,裁判所により離婚が認められることになります。また,不倫をした配偶者のみならず,不倫相手も不法行為責任を負い,両者に対して損害賠償を請求することができます。さらに,不倫をした配偶者からの離婚請求は法律上制限されることになります。

相手が不倫をした方の離婚相談においては,これらのことを踏まえて対応を検討する必要がありますので,専門的知識や経験を有する弁護士に一度相談されることをお勧めします

2 相手が不倫をした方の離婚相談

相手が不倫をした方の離婚相談では,主に次の5つのことが問題となります。

(1)不倫の証拠の有無

不倫があることを主張する場合,これを主張する側がその事実を立証しなければなりません。したがって,まずは不倫の証拠を収集することが必要です。また,不倫の証拠が不十分である場合には,その証拠関係を踏まえた交渉も必要になります。

このような立証活動や交渉対応においては,専門的な知識と経験を要するところですので,まずは一度弁護士に相談されることをお勧めします。

(2)離婚希望の有無

不倫の事実がある場合,離婚を希望するか否かで全く対応が異なります。したがって,まずは離婚するか否かを決断しなければなりません。

もっとも,離婚という選択は法律行為ですので,このような決断に際しては,法律的に正しい理解に基づいて現状や離婚後の見通しを整理することが必要です。まずは一度弁護士にご相談の上,現状や離婚後の見通しについて整理されることをお勧めします。

不倫を理由とする離婚相談に関心のある方はこちら

(3)慰謝料額

不倫慰謝料については,訴訟になった場合の相場をしっかりと把握し,それを念頭に慰謝料の交渉を進めることが大切です。一般的に,訴訟になった場合の慰謝料の相場は,100万円から300万円程となっており,個別の事情により,具体的な額を判断することになります。

このような慰謝料額の判断は,専門的な知識と経験を要するところですので,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

慰謝料に関心のある方はこちら

(4)不倫相手への慰謝料請求

不倫相手に対しても慰謝料を請求することができますが,その方法については請求前に慎重に検討しておくことが必要です。例えば,不倫相手に対する請求をしないことを交渉の材料にして,配偶者から高額な慰謝料の支払いを受けられるのであれば,それも検討することが必要です。

不倫相手に対する慰謝料請求をご希望の場合には,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

(5)離婚条件

離婚に際しては,慰謝料の他にも財産分与や親権などの協議が必要になります。不倫を理由として離婚を希望される場合には,不倫があったことを踏まえて,離婚協議を進めることが必要です。

例えば,不倫行為をした配偶者からの離婚請求は法律上制限されるため,配偶者が離婚を希望している場合には,離婚に合意することを条件に財産分与で大幅な譲歩をするよう交渉することもあります。このような交渉については,専門的な知識と経験を要するところですので,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

財産分与に関心のある方はこちら

親権に関心のある方はこちら

3 是非弁護士にご相談ください。

以上のように,配偶者が不倫をした場合には,離婚協議において様々な事項を検討する必要があります。このような離婚協議においては,配偶者や不倫相手に対する様々な感情から当事者間において冷静に協議を進めることは困難であることが通常です悔いのない離婚協議を進めるためにも,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP