モラハラ・DV

1 モラハラ

1 モラハラとは

離婚相談に際して問題となるモラルハラスメントとは,暴力に至らない夫婦間の深刻な道徳観の欠如をいい,暴言やコミュニケーションの拒絶,性的虐待,経済的虐待などの行為をいいます。

例えば,良好な夫婦関係構築に向けた話し合いに応じることなく,自らの考えのみを一方的に感情に任せて述べることを繰り返しているような場合には,モラルハラスメントが疑われます。また,子供がいる夫婦の場合には,配偶者が子供に対して虚言を交えて夫婦関係の悪化の責任が自らにはないような言動を繰り返しているような場合にも,モラルハラスメントが疑われます。

2 モラハラの判断方法

モラルハラスメントは,その程度によっては法律上の離婚原因となり,夫婦間の同意がなくとも,裁判所により離婚が認められることがあります。モラルハラスメントが離婚原因に至っているか否かの判断は,諸事情の総合考慮によることとされており,専門的な知識と経験が必要になります。また,裁判手続においては,モラルハラスメントを主張する側がそれを立証することが求められるため,裁判手続になる前に,証拠を収集し,立証に足りる証拠を揃えておくことが必要です。

3 モラハラは一度弁護士にご相談ください。

夫婦の共同生活において,意見の食い違いなどによる口論は一定程度当然に起こるものであり,モラルハラスメントは,このようなものとの区別が難しいところがあります。そのため,モラルハラスメントに至っているにもかかわらず,自らではその判断がつかずに,長期間放置してしまい,最終的にはDVに至ってしまうこともあります。離婚を検討したくなる程に,夫婦生活において苦悩を抱えている場合には,一度弁護士に相談されてみることをお勧めします。

2 DV(ドメスティック・バイオレンス)

1 DVとは

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは,一般的には配偶者間で行われる暴力のことをいいます。この点,「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(以下,「DV防止法」といいます)においては,配偶者からの身体に対する暴力及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動を対象として,その被害者を保護する規定が定められています。すなわち,法律は,このような行動をいわゆるドメスティック・バイオレンスと理解し,これを防止し,その被害者を保護しようとしています。

2 保護命令とは

DV防止法においては,上記のような行為がある場合には,「保護命令」という裁判所の判断が出されることになっています。「保護命令」には,接近禁止命令退去命令の二つがあります。

まず,接近禁止命令とは,「命令の効力が生じた日から起算して6か月間、被害者の住居(当該配偶者と共に生活の本拠としている住居を除く)その他の場所において被害者の身辺につきまとい、又は被害者の住居、勤務先その他のその通常所在する場所の付近を徘徊してはならないこと」を命じるものです(DV防止法10条1項1号)。

次に,退去命令とは、申立時に被害者が相手方と「生活の本拠を共に」している場合に(DV防止法10条1項ただし書)、接近禁止と同様の要件で配偶者を生活の本拠から2か月間退去させ、自宅付近の「徘徊」を禁止する命令です。

このような保護命令が出された場合,法は,保護命令違反の行為に刑事罰を科すことにしているため,加害者に対し,その遵守を求めています。また,被害者は,加害者が命令に従うように警察官のパトロールを要請するなど警察官に保護を求めることができます。

3 DVの悩みを抱え込む前に

DVは,文字通り,家庭内の暴力であり,外部に露見することは多くありません。特に,DVの被害者の方は,最初は状況を自ら改善しようと努めることが多く,むしろ人に知られないようにすることが多いです。しかし,DVは,刑法上の傷害罪や暴行罪などに該当する犯罪です。家庭内において行われているとしても,このことは変わりませんので,一人でお悩みを抱え込む前に,一度弁護士や警察,行政の専門窓口に相談されることをお勧めします。

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP