面会交流

1 面会交流とは

面会交流とは,監護養育しないこととなった親(非監護親)などが子供と直接面会したり,電話やメールなどの方法でコミュニケーションを図ることをいいます。

実務では,面会交流については,子供の養育の観点から明らかに子供の福祉を害しない限り,認められるべきであるという考えに基づいているといわれます。

したがって,子供に暴力を振るうことが具体的に予想されるような場合には面会交流は認められませんが,原則としては面会交流を認める方向で考えることになります。これは,非監護親が子供の監護養育のための適正な措置を求めるために必要な権利として考えられているからです。

2 面会交流の実施について

面会交流の条件を定めるときには,これが確実に履行されるように具体的な内容を定めておくことが望まれます。またこれが履行されなかった場合に備えて,損害賠償に関する規定も定めておくとより確実に履行を確保できます。

このような内容を決めておかなかった場合には,結局合意が無意味になってしまいかねないため,面会交流の条件についても弁護士にご相談いただく方が良いように思います。

なお,どのような面会交流が子供の養育上望ましいかは,子供の意向非監護親の状況などを勘案して,慎重に判断する必要があります。この点,調停において面会交流の条件を決める場合には,子供の意向や非監護親の状況などを家庭裁判所調査官が関与してこれを検討していくことがあります。条件に折り合いがつかない場合には,調停手続きを利用することも検討されても良いように思います。

3 是非弁護士にご相談ください。

親権者の適格性の判断や面会交流の条件についての交渉は,必ず一度弁護士に相談されることをお勧めします。

子供の養育上極めて重要な事項であり,慎重に話し合いを進める必要がありますが,事柄の性質上,感情的な議論になりがちです。当事者の話し合いでうまくいかないと思われる方は,弁護士が関与し,冷静に自分の考えを主張立証してもらうことで,納得しながら手続きをすすめることができるはずです。

当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

4 面会交流についてより詳しく知りたい方へ

面会交流についてより詳しく知りたいという方は,下記の面会交流のQ&A集をご覧ください。

面会交流に関するよくあるご質問をまとめて掲載しております。

面会交流のQ&Aへ

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP