調停離婚を検討されている方

1 調停離婚の進め方

調停離婚とは,家庭裁判所において,裁判官及び調停委員の関与の下で当事者が離婚の話し合いを進めていくことをいいます。

ここに,調停委員とは,「弁護士となる資格を有する者,民事若しくは家事の紛争の解決に有用な専門的知識経験を有する者又は社会生活の上で豊富な知識経験を有する者で,人格識見の高い年齢四十年以上七十年未満の者の中から,最高裁判所が任命」した者をいいます。

調停手続きにおいては,基本的には調停委員が進行を務め,当事者が裁判官とお話しすることはほとんどありません。裁判官は,調停の方針や結論の確認などの場面で専門的な判断をすることになり,基本的な手続きの進行は調停委員に委ねられることになっているのです。したがって,離婚調停を円滑に進める上では,調停委員とのやり取りが非常に重要になってきます。

調停手続きの進行は,調停委員とどのようなやり取りをするかに尽きます。
しかし,当事者の方々が自ら調停手続きを進めようとすると,自分の話をどうにか聞いてもらおうと必死になってしまい,なかなか調停委員が何を考えているのかまでは気を配ることができないことが多いようです。そのため,場合によっては,調停委員の話を十分に理解できないまま,自分に不利な条件で離婚の合意をしてしまう方もお見受けしています。このことからも,調停手続きを進める上では,専門的な知識と経験に基づいて冷静に話を進めていく必要があるといえます。

2 調停離婚を弁護士に依頼するメリット

調停離婚についても,ご本人で進めようとされる方がいます。しかしながら,調停手続きは専門的な知識や経験をもって進めるのか否かで大きく結論が変わることが多くあります。それは,調停委員とのやり取りの仕方が当事者と弁護士では全く異なるからです。

また,調停で双方の離婚条件についての合意が成立して書面で合意書を交わした後になって,思っていた条件と違う内容で合意してしまっていたといってご相談に来られる方が実に多くいらっしゃいます。これは,調停委員の説明を正確に理解できていないまま合意してしまったことが原因です。このような場合,残念ながら,書面で合意している以上,その条件を覆すことは事実上不可能に近いといっていいでしょう。

そのような事態にならないためにも,調停手続きの場で離婚の条件について正確に理解し,説明してくれる弁護士に依頼することが必要不可欠です。 

なお,調停手続きにおいては,弁護士に依頼したとしても,弁護士のみではなく当事者が出頭することが原則になっています。これは,当事者の意見をその場で確認して手続きを進める方が正確に手続きを進行できますし,結果的には円滑な進行につながるからです。もっとも,当事者が仕事などで忙しくどうしても出頭することができない場合には,弁護士のみで出頭することもできます。したがって,特に仕事などで忙しい方については,弁護士に依頼することは大きなメリットがあるといえます。

3 調停離婚のメリット・デメリット

調停離婚のメリットは,高い確率で相手と話し合いをすることができる点です。協議離婚の場合,相手が話し合いに応じなければ,離婚の合意をすることは事実上不可能です。ところが,調停離婚においては,相手にも出頭する義務が生じ,正当な理由なく出頭しない場合には,5万円以下の過料が科せられることになっています。したがって,ほとんどの場合には,協議離婚に応じなかった相手も調停離婚には応じるようになります。

その他のメリットとしては,最終的には審判という形で結論を見ることができる可能性があるため,協議離婚の話し合いの時にはなかなか譲歩しなかった相手も譲歩しやすくなることがあります。また,調停手続きにおいては,調停委員を介して話をすることになり,相手と直接話をすることもないので,その面での精神的なストレスは軽減されるといえます。

一方,調停離婚のデメリットは,やはり協議離婚に比べると時間がかかることです。協議離婚の場合には,早ければ1カ月で合意に至ることもある一方,調停離婚では1年以上かかることも多いです。離婚には非常に多くのエネルギーを使うことになりますので,長期化することは予想以上にストレスを感じることになります。その意味でも,可能な限り協議離婚によるべきであるといえるでしょう。

4 是非弁護士にご相談ください。

当事務所は,数多くの離婚相談に対応しており,主要都市の家庭裁判所所長を務めた元裁判官がいることから,調停や訴訟になった場合にどうなるかの見通しを立てることを得意としています。これにより,調停や訴訟の場合と同じもしくはそれ以上の結果で協議離婚を成立させることができるよう努めています。

当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP