不倫慰謝料の相場について知りたい方

1 不倫慰謝料の算定方法と相場

裁判になった場合の慰謝料額の相場は100万円から300万円程になるため,交渉による場合であっても,このような相場を意識しながら,慰謝料額を検討することが必要です。

不倫慰謝料の算定は,精神的損害の算定であることから,諸事情の総合考慮により算定されることになります。具体的には次のような事情が考慮されます。

 

① 夫婦の身分関係(年齢,婚姻期間等)
② 不倫関係が開始した時点での夫婦の関係
③ 不倫関係が始まった経緯(不倫相手の積極性等)
④ 不倫相手との関係の内容(不倫期間,同棲の有無等)
⑤ 不倫関係発覚後の対応(離婚の有無,報復行為の有無等)
⑥ 子供に対する影響
⑦ 不倫相手の身分関係(年齢,職業等)

 

慰謝料額の算定は,当該不貞の事実により通常であればどの程度の精神的苦痛を受けると考えられるかを算定しようとするものであり,どのような事情があれば慰謝料額が高額になりやすいかという傾向についてもある程度類型化することができます。
例えば,婚姻期間に対して不倫期間の占める割合が多い場合には慰謝料額が高くなる傾向にありますし,当然ながら慰謝料額は高くなる傾向があります。

慰謝料請求をする場合には,以上のような事情を総合的に考慮して,過去の裁判例などを参考にしながら適正な慰謝料額を算定することが必要です。それには,やはり専門的な知識と経験が必要になりますので,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

なお,以上のような慰謝料の相場は,裁判例から導かれる相場であり,交渉の場合には裁判の場合よりも高額の慰謝料が支払われることもあります。それは,請求を受ける側が訴訟になることを避けるために裁判の場合の相場よりも高額の慰謝料を支払う場合があるからです。

不倫慰謝料を請求したい方はこちら

不倫慰謝料を請求された方はこちら

2 不倫慰謝料の高額事例

以上のように裁判になった場合の相場は100万円から300万円程になります。しかしながら,事案の内容によっては,不倫慰謝料額が500万円を超えることもあり,必ずしも相場の範囲において慰謝料が決められるということではありません。では,どのような事例において高額な不貞慰謝料が認められるのでしょうか。

まず,不倫相手が配偶者の子供を妊娠したような事例では,高額な慰謝料が認められる傾向があります。過去の裁判例の中には,不倫相手が配偶者の二人の子供を二人出産していることを重視して,500万円程の慰謝料を認めた裁判例もあります。

また,配偶者が不倫相手との関係解消を誓約したにもかかわらず,その誓約を破ったような事例においても,高額な慰謝料が認められる傾向があります。過去の裁判例においても,2度も誓約を破ったことを重視して,400万円程の慰謝料を認めた裁判例があります。

不倫慰謝料の裁判事例紹介

3 是非弁護士にご相談ください

以上のように,慰謝料の算定には専門的な知識と経験を要するところですので,まずは一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

当事務所では,数多くの不倫慰謝料の相談をお受けしており,また,当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

 

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP