裁判離婚を検討されている方

1 裁判離婚になるケースとは

裁判離婚とは,離婚の合意が成立しない場合に裁判所に離婚を認めてもらうための手続きです。裁判所に離婚を認めてもらうためには,法律上の離婚原因が必要です。

通常,明らかな離婚原因がある場合には裁判になる前に,協議や調停により離婚の合意が成立します。そのため,裁判離婚になるケースというのは,離婚ができるのかどうか微妙なケースということが多いです。したがって,裁判離婚のケースでは,訴訟を提起する前に離婚ができるのかどうかについて正確な見通しを立ててくれる弁護士に相談することが必要です。

当事務所は,主要都市の家庭裁判所所長を務めた元裁判官の弁護士が所属しており,離婚裁判になった場合の見通しを確かな精度をもって立てることができます。相手が離婚に応じてくれないという方は,ぜひ一度当事務所にご相談ください。きっとお力になれることと思います。

2 離婚裁判の進行

離婚裁判は調停手続きを経た後でなければ訴訟提起ができないことには注意が必要です。これを専門用語では「調停前置主義」といいます。

離婚裁判では,まず訴訟を提起する者が訴状を作成します。訴状とは,請求の内容について法律的に整理をした書面であり,離婚裁判においては離婚が認められるべき理由を法律的に整理して書く必要があります。

訴状を裁判所に提出して訴訟提起をした後,月に一度位のペースで期日が開かれることになります。通常は,弁論準備手続きといって,法廷ではなく,弁論準備室という会議室のような部屋で当事者双方が期日までに提出した書面や証拠を基に争点などを整理していく期日が先行して数回開かれます。その後,主張や争点の整理が十分になされた段階で,公開の法廷で証人尋問などをする手続きに移行し,当事者双方にすべての主張立証を尽くさせた上で,判決が出されることになります。

このような手続きの中で,裁判官は途中で和解をすすめることもあります。その際には,判決になった場合にどのような結果になるかを予測して,和解について検討することが必要です。

3 裁判離婚を弁護士に依頼するメリット

裁判離婚を弁護士に依頼するメリットとしては,正確に裁判官に自らの考えを伝えることができるようになる点であります。訴訟は,協議や調停とは異なり,話し合いというよりも自らの主張を法律的に整理して正しく裁判所に伝えるという則面が強くなります。そのため,訴訟手続きには,弁護士の関与が必要不可欠といえます。

また,訴訟においては,当事者に代わり弁護士が基本的に手続きを進めることになるため,相手と顔を合わすことがなくなるという点でも,弁護士に依頼するメリットがあります。

裁判離婚を検討されている方は,是非一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

4 裁判離婚のメリット・デメリット

裁判離婚のメリットとしては,裁判所による確定的な判断を得ることができる点です。これは協議や調停ではまとまらなかった場合にも,強制的に結論を出すことができるので,話し合いではまとまらなかった場合には,裁判離婚により解決をすることができます。

一方,裁判離婚のデメリットは,時間も費用を多くかかってしまい,精神的なストレスが多くなるということです。裁判手続きは一般的に1年以上かかることが多く,場合によっては2年を超えることもあります。その間ずっと離婚のことを考えていなくてはならないというのは非常にストレスのかかることです。その意味では,やはり極力裁判離婚は避け,協議離婚や調停離婚によることが望ましいといえます。実際,裁判離婚によっているのは離婚全体のわずか1%程にすぎないことからも,裁判離婚が避けられていることが窺がえます。

5 離婚についてもっと詳しく知りたい方へ

離婚についてもっと詳しく知りたい方は,下記の離婚に関するQ&A集をご覧ください。

離婚相談の際によくあるご質問をまとめて掲載しております。

離婚に関するQ&A集

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP