男性のための 離婚・慰謝料相談

1 悩みの種

次のようなことでお悩みではありませんか?

・妻と性格がとにかく合わず,離婚を検討している。
・妻から離婚したいといわれ,困惑している。
・妻に不貞の事実を知られ,離婚の話が出ている。
・財産分与などを適正な範囲でしっかりと分けたい。
・離婚した後も子供とはしっかり会いたい。
・仕事もあるので,離婚協議が泥沼化するのは避けたい。

 

男性の離婚相談においては,離婚原因の有無の判断や財産分与,慰謝料,面会交流の条件など様々な事柄について検討する必要があり,専門的な知識と経験が必要になります。

上記のような問題でお悩みの方は,まずは,当事務所の無料相談で不安や疑問を解消されてみてはいかがでしょうか。当事務所は,主要都市の家庭裁判所所長を務めた元裁判官の弁護士が所属しているなど,家事事件の対応を得意としていますので,きっとお力になれることと思います。

2 男性の離婚相談のポイント

男性の離婚相談においては,大きく次の5つのことが問題となります。

(1)離婚の可否

第1に,そもそも離婚ができるのかということです。まず,妻から離婚を求められた場合には,それに応じなければならないのか否かを検討する必要があります。また,男性から離婚を求める場合は,妻と性格が合わないのでとにかく離婚したいという相談が多いです。しかしながら,性格の不一致は法律上の離婚原因ではないため,妻が離婚を受け入れない場合には,それだけの理由では離婚することはできません。

そこで,妻が離婚を希望していない場合には,その他の事情も総合的に考慮して,法律上の離婚原因がないかを検討しなければなりません。もっとも,性格の不一致から離婚を考えるに至っている場合には,状況を整理すると離婚が認められるべき状況に至っていることも多いです。まずは,弁護士に離婚の可否について相談されることをお勧めします。

離婚の可否に関心のある方はこちら

(2)慰謝料請求

第2に,妻からの慰謝料請求が問題となることが多いです。妻から離婚を求められている場合,夫の不倫や悪意の遺棄,暴言・暴力が問題とされることが多いです。そして,そのような事実がある場合には,夫は妻に対して離婚に伴い慰謝料を支払うことが必要になります

慰謝料請求の可否は,離婚の可否や親権の問題と密接に関連しているため,一般的には離婚の話し合いと併せて協議されることになります。そのため,安易に慰謝料の支払いに応じてしまうと離婚協議においても不利な立場にたたされることがあります。慰謝料が問題となっている離婚においては,可能な限り早い段階で弁護士に相談されることをお勧めします。

慰謝料に関心のある方はこちら

(3)親権

第3に,子供がいる場合には,親権が問題となります。妻が専業主婦である場合など,子供の監護を妻に任せていた場合には,親権は妻が持つことになることが多いです。もっとも,妻の従前の子供の監護状況などによっては,親権を譲り受けることができるかもしれません。

親権を持ちたいという方は,簡単に諦めるのではなく,弁護士に一度相談されることをお勧めします。

親権に関心のある方はこちら

(4)養育費と面会交流

第4に,子供がいる場合には,養育費と面会交流が問題となります。養育費については,裁判所の公表する算定表に基づいて算定することになりますが,妻の収入に関しては正確に把握していない方も多いです。また,妻がパートなどをしておらず,現実の収入がない場合であっても,働いた場合にはいくら稼ぐことができるかを想定して,収入額を定めることもあります

養育費は長期間にわたって負担するものですので,算定段階で慎重に検討しておくことをお勧めします

一方,面会交流については,子供の養育上非常に重要な事柄ですので,離婚の際にしっかりと条件について検討しておくことが必要です。また,面会交流の合意をしても,その内容通りに履行されない場合もあるので,そうならないよう予防策も講じておく必要があります。

具体的な条件の内容については,必ず弁護士に相談されることをお勧めします。

養育費に関心のある方はこちら

面会交流に関心のある方はこちら

(5)離婚協議の進め方

第5に,離婚協議の進め方について検討する必要があります。離婚協議は,条件が折り合わない場合には,長期化することがあります。仕事への影響も考えると,可能な限り協議に伴う負担を軽減しなければなりませんが,弁護士に依頼することで,妻との交渉を弁護士に一任することもでき,時間的な拘束を大きく減らすことができます。

3 是非弁護士にご相談ください。

男性の場合,離婚の相談をすることを躊躇される方も多いようです。しかしながら,離婚の条件は,離婚協議の方法によって大きく変わります自らの主張を一方的に主張するのでは良い解決は得られませんし,単に相手の主張を受け入れるだけでも良い解決につながりません。法律的に適正な離婚の在り方がどのようなものなのかを知ったうえで,双方の納得がいく協議をするために,一度弁護士に相談されることをお勧めします。

当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP