親権

1 親権とは

親権とは,未成年者を監護教育するとともに,その財産を維持管理するためにその父母に認められた権利及び義務のことです。

子供がいる夫婦が離婚する際には,必ず争点になるものであり,どのように親権者を定めるかについては専門的な知識と経験が必要です。親権について争いがある場合には,まずは一度弁護士に相談されることをお勧めします。

2 親権者の適格性について

子供の親権者としてふさわしい者かどうかの判断を,法律上は「親権者の適格性」の問題といいます。

親権者としてふさわしいかどうかというのは非常に難しい判断であり,絶対的な答えのないものであるといえるかもしれません。そこで,離婚調停では,いずれの親を親権者とすることが子供の育成上より望ましいかという相対的な判断について,種々の方策を講じることでより正確な判断ができるように努めています。

両親側の事情

まず,親権者の適格性の判断は,両親側の事情と子供側の事情について実に様々な事情が考慮されます。両親側の事情としては,次のようなものがあります。

① 今後の監護能力
② 今後の精神的経済的家庭環境
③ 子供に対する愛情の程度
④ 従前の監護状況

子ども側の事情

一方,子供側の事情としては,次のようなものが考慮されます。

① 年齢,性別
② 心身の発育状況
③ 現在の環境への適応状況
④ 環境への変化に対する適応可能性
⑤ 子供の意思
⑥ 父母それぞれとの情緒的結びつき

判断の基準

ここに挙げられたような事情を総合的に考慮して,親権者の適格性は判断されます。この判断においては,子供の監護環境を変えないようにしようという監護の継続性の基準や兄弟姉妹は監護者を分けないようにしようとする兄弟姉妹不分離の基準などの一定の指針に基づいて判断されています。

なお,よく見られる誤解としては,親権は原則として母親が持つことになるというものです。確かに,子供の監護を母親が中心となって行っていた場合には,そのような環境を変えるのではなく,環境を継続させようとする考え方はあります。

しかしながら,現代においては,多様な家庭の在り方があり,必ずしも母親が監護の中心となっていないこともあるため,母親であることから親権者として適格であるというような硬直的な判断はできません。あくまでも個別の事情を考慮して,当該子供についてどちらの親が親権者としてふさわしいかを判断しなければ,子供の育成上適格な判断はできないといえます。

3 是非弁護士にご相談ください。

親権者の適格性の判断には,以上のような専門的知識や経験に基づく判断が必要になります。母親であれば,必ず親権者になれるということではないですし,父親であるから,必ず親権者になれないということでもありません。

「絶対に親権者になりたい。」とお考えの方は,まずは一度弁護士にご相談されることをお勧めいたします。当事務所静岡支店では,離婚のご相談には全て静岡支店長弁護士が自らご相談に応じます。当事務所の初回相談は一時間無料ですので,まずは初回相談にお越しください。必ずお力になります。

ご相談の流れはこちら

4 親権についてより詳しく知りたい方へ

親権についてより詳しく知りたいという方は,下記の親権のQ&A集をご覧ください。

親権に関するよくあるご質問をまとめて掲載しております。

親権のQ&Aへ

離婚相談/性別・年齢・職業別

離婚相談/状況別・お悩み別

不倫慰謝料のご相談

PAGE TOP